黒でキメる!ストリートで着たいブラック。

黒でキメる!ストリートで着たいブラック。

ROUTEを長らくご愛顧いただいている
 
皆さまはお気づきでしょう
 
我らがボス @takaoooh オーナーが
 
2015年にROUTEを立ち上げてから4年
 
4周年5年目を迎えるにあたって
 
とある企画を練っているので是非とも
 
震えてお待ちください!
 
 
 
2019年、
 
今年のトレンドカラーが
 
・血のように深い赤
 
・ダークな緑
 
・エモーショナルなピンクとパープル
 
ROUTEでも人気な配色ですが
 
これらは一切無視です
 
本日のブログのテーマがコチラ、
 
 
 
"黒でキメる!
ストリートで着たいブラック"
 
 
 
本格的に気温が下がってきました今日この頃
 
秋冬シーズンの着こなしでは
 
重たくなるトーンですが、
 
そこであえて"黒"に焦点を当ててみます
 
 
 
 
 
 
 
着こなし一つ、
 
重ね方、組み合わせ方、
 
スタイリングでブラックの表情が変わります
 
秋冬のエモいテンションで、
 
ご覧ください
 
 
 
 
 
ブラックスタイル(1)
 
 
 
 
 
 
モデル @2mana 183cm着用
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポイントとしてお伝えしたいのが、
 
"レイヤード"
 
チャンピオンモックネックのロゴ刺繍を活かして
 
フーディーをざっくりワンレイヤー
 
使い勝手の良いCALTOP、
 
ライトジャケット感覚で羽織ってツーレイヤー
 
パンツはUNCOMMONのレッドストライプ
 
細めのピッチで全体のトーンを締めます
 
ブラック単色だからこそ遊びが効きますし、
 
緩め大人ストリートなシルエットがオススメです
 
 
 
 
 
ブラックスタイル(2)
 
 
 
 
 
モデル @2mana 183cm着用
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノースフェイスもレイヤードで、
 
もちろんノース海外モデルの特徴
 
ZiZシステムは有効活用したところですが
 
こちらのポイントとしては、
 
"あえてのGore-TexとTundraレイヤード"
 
Tundraというプルオーバータイプと
 
そこにGTX
 
ガチガチなレジャースタイルではなく
 
さりげないシティーライクなヌケ感がオススメです
 
UNCOMMONのバギーシルエットが相性抜群です
 
これぞ
 
ストリートに着たいブラック
 
 
 
 
 
ブラックスタイル(3)
 
 
 
 
 
 
モデル @2mana 183cm着用
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのレイヤードのポイントは、
 
コート on ジャケット
 
CALTOPのパディングジャケットは
 
ライナーにも使えるユーティリティーなアイテム
 
600フィルスノーピークコートと合わせて
 
程よいボリュームがストリートなテンションに
 
さらに、
 
裾が絞れるThe Finestミリタリーパンツと
 
チラッと見えるカーハートロゴも
 
ブラックスタイルのアクセントになります
 
 
 
3つスタイリングをご紹介しました
 
"黒でキメる!
ストリートで着たいブラック"
 
今回ご紹介したアイテム以外にも
 
選りすぐりのブラックアイテム多数ございます
 
気になってしまった皆さま
 
是非リンクから飛んでみてください!
 
そしてこの冬は黒で
 
キメちゃってください
 
本日もSUGGYがお届けいたしました
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ROUTE 〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-15-8
Tel / 03-6432-7546
E-mail / info@route-tokyo.com