Bone Thugs n Harmony

Bone Thugs n Harmony

左から

Wish Bone(ウィッシュ)

Bizzy Bone(ビジー)

Flesh-n-Bone(フレッシュ)

Krayzie Bone(クレイジー)

Layzie Bone(レイジ―)

の5人からなる

ボーンサグズンハーモニー

 

出身は、マシンガンケリーやkid cudiと同じ

オハイオ州クリーブランド

 

B.O.N.E.Enterpriseというグループで活動していた時に

彼ら自らレコード会社に電話をし

あのEazy-Eに合格をもらい

94年にRuthless Recordsから出した

Creepin on ah Come Up

ビルボードR&B/Hip Hop部門で2位を叩き出した

 

 

今でこそラップにメロディをのせるは当たり前のことだが

その先駆者は紛れもなく彼らなのだ

そして今でもハーモニーを奏でるのは彼らのみだ

 

更には生前の

Eazy-E, 2PAC, Notorious B.I.G, Big Pun

と共演したのもBTNHただ一組

唯一無二のグループなのだ

 

 

そんな彼らを気に入ったのが

老若男女問わず誰もが知っている冬の女王

広瀬香美!

 

…ではなく

恋人たちのクリスマスでお馴染みの

マライアキャリー!

 

彼女はBTNH好きと公言していて

何度も共演している

 

しかしながら、日本では過小評価されがちな彼ら

 

1stアルバムE.1999Eternal(チャート1位)

収録されているヒット曲Tha Crossroads

でグラミー賞を受賞

 

2000年のアルバムBTNHResurrectionは

1か月でプラチナム

2002年のThug World Orderも

R&B/Hip Hop部門3位

史上最高のなんちゃらに選ばれるなど

今日のヒップホップにも多大なる影響を与えているのに

一体なぜ?

 

 

好きなラッパーを聞かれたら

最エモKrayzieと最狂のBizzyを挙げる

 

好きなグループを聞かれたら

天使のBone Thugs-N-Harmonyと

悪魔のThree 6 Mafiaを挙げる

実際言ってる事は全く天使ではないのだが

私は10代の頃からこう表現している

 

 

過小評価をされているのはこの“天使”の部分

ではなかろうか

有名な曲だけを聞くとハーモニーが先行してしまい

ラップスキルに気付きづらいのだ

 

それと

東でも西でも南でもないミッドウエスト

という微妙な位置も関係していると思う

当時はエリア別でサウンドに特徴があり

好き嫌いが見事に分かれていた

※あくまでも全て私が知る日本での話

 

もしくは彼らのまとまりのなさか

元は5人だがFleshが長く捕まっていた為に

主に4人で活動していたのだが

Tha CrossroadsのMVでさえ4人揃っていない

 

大ヒットしたAkonとの曲 I Tried

が入っている2007年のアルバムは

出来が素晴らしいのにBizzyが居ないのが惜しまれる

(Swizz Beatz節やwill i amとThe Gameのコラボが楽しめる)

Fleshが帰ってきて2010年にやっと5人に戻ったのだが…

 

2017年には

きちっとまとめたいKrayzieと

自由奔放にも程があるBizzyの確執に

終止符を打ったかのように2人でアルバムを出している

(個人的に熱いのはKORNのジョナサンとYelawolfとの共演)

 

はてさて今現在は5人なのか?

ここまでくるとどうでもいい感は否めない

 

本来のBone Thugs-N-Harmonyとは

もはや幻なのかもしれない

まるで神様だ

 

Wish以外は精力的にソロ活動もしているので

そちらも併せてチェックしてほしい

 

特にオススメなのがKrayzieのThe Fixtapeシリーズ

ビヨンセやシアラ、Nasや50centなどの

R&B/Hip Hopから

リンキン・パークなどなど

王道のあの曲をKrayが歌ったら?

というおもしろい作品になっている

(作りの雑さは否めない)

サンプリングやカバーの域を超えて

しっかりとKrayの曲に仕上げてしまうからさすがだ

彼が愛してやまないマイケルジャクソンとの曲もある

 

 

先ほど故人の話したが

2007年に公開された I Triedという映画には

昨年亡くなったニプシーハッスルが出演している

(作りの雑さはやはり否めない)

これは主演のKray,Lay,WishがBTNHになっていなかったら

どんな人生を送っていたか的な話なのだが…

 

それよりBTNHの伝記映画を作ってくれませんかね?

ストレイト・アウタ・コンプトンのように!

Eazyが亡くなる直前に病室でDJ YellaとMC Renが

テープを渡すシーンを覚えているだろうか

あれはBTNHの音源だ

 

 

映画繋がりで名曲を2つ紹介して終わりにしよう

― Set It Off ―

 で使われたDays of Our Lives

― Down to Earth 2002 ―

で使われたThug Music Plays On

こちらはBTNHのアルバムには入っていないので

知っている人が少ない

自粛は解除されたが引き続きのおうち時間で

これらの映画も観てほしい

 

長々とお付き合いありがとうございました!

Yukiでした

またお会いしましょう!