SAVE THE WASABI ~ワサビ君を助けたい!~

モデル・畠山千明さん (PUMP management Tokyo)

 

 

@hatakeyama_chiaki

 

 

昨年から暮らしている愛猫ワサビ君(@wasabikun_neko)が

猫伝染性腹膜(FIP)と診断されました。

 

 

FIPとは、猫伝染性腹膜炎(feline infectious peritonitis)の略称です。

猫コロナウィルス(人間のコロナとは全く関係ありません)の感染が

原因とされている、若い猫に発生しやすい致死率が非常に高い病気です。

FIPは発症する原因が未解明なこと、確定診断が難しいこと、

有効な治療方法がないことから

飼い主さんにご説明するのが最も難しい疾患の1つです。

治療に関しましても日本無認可の特効薬の場合、

薬代だけで100〜200万+医療費ととても高額な費用を要します。

 

ワサビ君は運良く特効薬を取り扱う動物病院が見つかり、即投与を開始。

闘っています。

 

ワサビ君救済Tシャツ商品ページ

@wasabikun_neko

@wasabikun_neko

@wasabikun_neko

 

 

 

ROUTE TOKYOではワサビ君の闘病生活のサポートとして

救済Tシャツをオンラインにて販売いたします。

売上金はFIP治療費としてワサビ君・畠山さんに全額寄付させていただきます。

 

治療費以上の売り上げが出た場合は救済Tシャツ同様に

クラウドファンディングを立ち上げ、

FIPと闘う愛猫の飼い主さんへ寄付させて頂きます。

 

より多くのFIPと闘う猫ちゃんができる限りの治療ができますように。

 

出来る事を模索して、家族の一員として力になりたいと思った

畠山さんの愛娘キカちゃんが描いたワサビ君。

1点1点職人の手で施した刺繍で、キカちゃんの絵を表現しています。

 

 

@kika__drawing

 

#SAVETHEWASABI

 

ROUTE実店舗には皆さまのファミリー、

ワンちゃん・ネコちゃんも一緒に連日ご来店いただいてます

ROUTEスタッフ一同も皆さまの最高に可愛い

ワンちゃんネコちゃんと楽しく触れ合わせていただいております

心に癒しと成長を与えてくれる家族の一員

今回ワサビ君の治療費サポートとしてはもちろんですが、

猫伝染性腹膜炎(FIP)の認知や

同様にFIPと闘っている皆さまのワンちゃんネコちゃんの

お力に少しでもなれるように取り組んで参ります

 

ROUTE TOKYO